下落相場だからこそ長期投資したい米国株銘柄7選【まとめ】

今回は米国株で長期に投資リターンが見込めそうな銘柄7種類を厳選してみました。

銘柄を選ぶ際には、過去の業績実績や事業内容の有望性、競争力を持っているか、などを重視しています。

銘柄を選んだ際の条件

  • 過去10年の実績から推測した際にリターンが見込まれること
  • 事業内容が今後も有望そうに思えること
  • 商品の独自性や業界内の競争力があること

 

【American Express(アメリカン・エキスプレス)】ティッカー:AXP

バフェットの主力銘柄として知られるクレジットカード企業です。

世界中に広がるアメックスの会員数は8,000万人で、世界シェアは業界第4位となっています。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

アメリカンエキスプレス American Express アメックス 業績推移

 

ROEは25%を超えることも珍しくない上に、超巨大企業となった今でも売上がここ3年で10%ずつ伸びています。

またEPSの成長率は平均で17%とかなりの成長を見せています。

何と言っても強みは『Amex』というブランド力で、海外ホテルではアメリカン・エキスプレスカードを持っていること自体が身分保証になったりもするほどです。

 

アメリカンエキスプレス American Express アメックス 株価予想 株価予測 収益予想

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは179.8%となっています。

(2020年3月8日時点の株価 108.24ドルを基準に、PER 12倍にて予想)

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

キャッシュレスも進み、今やクレジットカードは日々の生活に欠かすことができない存在と言えます。 そんなクレジットカードの中でも、保持していると最も社会的ステータスが高いと見なされるのが『アメリカン・エキスプレスカード』、通称『アメックス[…]

 

【Cisco Systems(シスコ・システムズ)】ティッカー:CSCO

アメリカカリフォルニア州に本社を置く世界的なネットワーク企業で、WiFiやテレビ会議システムを提供しています。

日本国内でのネットワーク機器の半分近いシェアがあるため、ビジネス面でお世話になることもしばしばあるのではないでしょうか。

もちろん世界的なシェアも高いです。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

Cisco シスコ 業績推移

 

平均ROEは16%弱で、利益も凸凹しながらも右肩上がりにはなっています。

※2018年度の利益が非常に低いのは、税制改正による影響で一時的なもので、ビジネス自体は順調でした。

既存のビジネスはもちろん強いですが、データセンターやセキュリティ関連事業も持っており、今後の成長が楽しみな企業でもあります。

 

シスコ Cisco-株価予測 EPS

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは84.6%となっています。

(2020年2月4日時点の株価 47.62ドルを基準に、PER 15倍にて予想)

少し気になるには株主資本が少しずつ減少していることで、投資する際は注意して投資しましょう。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

今回は Cisco Systems, Inc. (シスコ)の分析をしていきます。 ビジネスマンなら誰もが一度は聞いたことのある超有名企業ではないでしょうか? ちなみに社名の『シスコ』の由来ですが、創業者はスタンフォード大学(サン[…]

 

【JP Morgan Chase(JPモルガン)】ティッカー:JPM

世界屈指の投資銀行として有名なグローバル総合金融機関です。

投資銀行業務や証券業務、商業銀行などを傘下企業でに提供しています。

ちなみに、2018年度のJPMorganの総資産は2.63兆ドルとなっており、国家予算と比較できるくらい大規模な資産を持っています。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

JP morgan JPモルガン 業績推移

ROEは安定して10%前後をキープしており、総資産の観点からも盤石な安定性を誇っていそうです。

EPSの平均伸び率は驚異の27%超えで、成長率の高さが伺えますね。

 

JP morgan JPモルガン 株価予想

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは254.8%となっています。

(2019年12月30日時点の株価 138.63ドルを基準に、PER 12倍にて予想)

成長率の高さが起因し投資リターンが大きくなっていますが、また金融危機が起こらないとも限らないので、底値で投資したい銘柄です。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

従兄弟が外資投資銀行に勤めていますが、もう尊敬しかないです。 もう少し就活の時に外銀も見るべきだったかなと思います。 そこで(?)今回は投資銀行部門も有名な、世界屈指の総合金融機関であるJPモルガン・チェースについて分析していき[…]

 

【NVIDIA(エヌディビア)】ティッカー:NVDA

NVIDIAは世界トップクラスの半導体メーカーでGPUなどを提供しています。

スマホに搭載されているシステムチップから、ゲーミング用GPUのGeForceシリーズ、AIや機械学習機能向けに使われている『TITAN RTX』などが主要な製品です。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

NVIDIA エヌビディア 業績推移

平均ROEは22.5%と高い水準であり、平均EPS成長率は驚異の41.8%となっており、2011年〜2019年で純利益が17倍と大きく成長しています。

これはエヌディビア(NVIDIA)が、Youtubeでのゲーム配信の増加やeスポーツの勃興、AIの浸透やデータセンターの需要増加など、近年需要が大きく伸びている分野のド真ん中の事業をやっている企業だからこその成長率だと考えられます。

 

NVIDIA エヌビディア 株価予測

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは619.2%となっています。

(2019年12月23日時点の株価 239.14ドルを基準に、PER 15倍にて予想)

もちろん今まで通りにビジネスが伸びるとは限らないので、もっと低い投資リターンになるかもしれませんが、今後も期待できそうなのは確かですね。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

エヌディビア(NVIDIA)という会社をご存知でしょうか? あまり頻繁に社名を聞くことはないと思いますが、実はかなり業績が伸びているAI関連企業として有名です。 今回は、そんな高成長企業であるエヌディビア(NVIDIA)の株価分[…]

 

【Alphabet(アルファベット)Google】ティッカー:

世界最大の検索エンジンを提供している企業です。

『Google』がなければ生活が変わります。

説明は不要ですね。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

Google Alphabet 業績推移

平均ROEは15.6%、平均EPS成長率が20.7%と想像よりも少し低めの数値ではありますが、非常に魅力的な財務指標水準です。

圧倒的な市場シェアとマインドシェアがAlphabet(Google)の強みです。

主な収益源は検索時のオンライン広告ですが、検索の80%以上はGoogle経由と言われており、オンライン社会に置いてなくてはならないサービスを提供しており、今後もこの競争力と市場地位は簡単には揺るがなさそうです。

 

Google Alphabet 株価予測

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは168.3%となっています。

(2019年12月15日時点の株価 1,347.83ドルを基準に、PER 15倍にて予想)

ビジネスの競争力が強すぎて魅力的なので、株価に関わらず投資したい企業です。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

世界的な大企業で、みんな大好きGoogleを運営しているAlphabet Inc. について分析してみました。 「ググれカス」は流行語になってもよかったと思ってます。   Google(Alphabet Inc.)の[…]

 

【Accenture(アクセンチュア)】ティッカー:ACN

世界最大規模のコンサルティングファームで世界200都市以上に拠点を持ち、50万人近くの従業員を抱えています。

フォーチュン100の企業のうち94社はアクセンチュアの顧客とのことで、凄まじく手広くサービスを提供している印象ですね。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

Accenture アクセンチュア 業績推移

平均ROEは52.4%、平均EPS成長率も17.7%と驚異的な数字です。

アクセンチュアは上流の戦略面から下流の業務改善面に至るまで幅広くサービスを提供しており、クライアントのどんな悩みにも答えられる強さがあります。

また、アクセンチュアは採用にかなり積極的で、今後も業績を拡大する気満々です。

人もサービスも多岐に渡るので、川上から川下まで様々な悩みを解決できるコンサルティング会社として成長していきそうですね。

 

Accenture アクセンチュア 株価予測

今後、同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは254.2%となっています。

(2019年12月26日時点の株価 212.05ドルを基準に、PER 15倍にて予想)

成長力が鈍化してもかなり魅力的な銘柄と言えそうですね。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

コンサルティングは属人的な難しい仕事であるがゆえに、コンサルティング会社を大きく拡大するのは非常に難しそうです。 そんな拡大が難しそうなコンサルサービスを全世界で幅広く展開しているのが、アクセンチュアです。 今回は世界最大規模の[…]

 

【Adobe(アドビ)】ティッカー:ADBE

『PDF』と『Photoshop』がこの企業の代名詞といっても過言ではありません。

以前はアドビ製品は売り切りでしたが、昨今はサブスクリプション型(SaaSモデル)になり、売上も伸長しています。

 

過去10年間の業績推移はご覧の通りです。

Adobe アドビ 業績推移 売上推移

PDFの強さ(随一性)や、以前に比べIT系サービスやフリーランスが増加したことを考えると、事業領域全体のパイが大きくなっていると想像でき、将来も順調に成長していきそうです。

 

Adobe アドビ 株価予想 収益予想

今後も同程度の成長を続けた場合の予想投資リターンは40.8%となっています。

(2020年2月16日時点の株価 379.67ドルを基準に、PER 20倍にて予想)

思ったより投資リターンは小さいですが、現在の株価が高すぎるという理由だけだと思います。

事業内容は素晴らしいので、管理人はぜひ投資したいと思っている企業です。

 

詳しく分析した記事はこちら。

関連記事

PDFドキュメントは仕事をしていく上で必須のツールになっています。 同じように「Photoshop」もWEB系やデザイン系の仕事をしている人にはお馴染みのツールだと思います。 今回は、みんなの日常に溶け込むサービスを展開する A[…]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在は市場の変動が激しくなっており、いつ株価が半分以下に暴落してもおかしくないような状況かと思われます。

10年に1度程度しかこない暴落相場では、業績の良し悪しやビジネスモデルの強さに関係なく全ての銘柄で大きな株価下落が起こります。

逆にいえば、暴落相場は10年に1度しかこない『優良銘柄が安値で購入できるチャンス』でもありますので、このような相場環境下では銘柄分析をしっかりと行い、優良企業への投資を積極的に行っていきたいですね。

 

どのような企業に投資をする際にも、今回のような分析は必須です。

今回は簡単な業績分析から株価を予測してみましたが、管理人が財務分析などの定量分析をする際は下記のような方法で行なっています。

>> 金融知識を学ぶ【企業分析】

>> 財務分析の方法 〜基礎編&実践編〜 

 

また、今回は定性分析は行っていませんが、定性分析をする際はこのような手法で行うことが多いです。

>> 企業の定性分析 〜定性分析の手法:3つのフレームワークで分析してみる〜 

分析や投資判断の参考にして頂ければ嬉しいです!

 

おすすめ記事

初めて投資を始める時は、証券口座に入金するだけでも若干緊張しますが(管理人はそうでした)、ましてやいきなり大金を投資するのはすごく抵抗がありますよね。 投資を初めてやってみたい人や、管理人のようにそれほど大きなお金を投資に回せない人に[…]

おすすめ記事

株価チャートとは? 株価チャートとは株式市場の日々の価格変動をグラフにして可視化したものです。 株式市場に参加する全ての投資家の動きの結果が株価なので、株価チャートには全ての投資家の投資判断の結果が記されているとも言えます。 […]

おすすめ記事

今年のGWは10連休ということで、賑やになりそうな雰囲気が漂っていますね! 管理人は家にこもって、映画・ゲーム・読書・youtube三昧の生活を送りますが、 大型連休にしかできないことと言えば【ゆっくり読書してインプットすること[…]

twitterでも情報発信中
>少額からの資産形成で人生を豊かにする

少額からの資産形成で人生を豊かにする

初めまして、雪だるま投資マンです

かつて高度経済成長を経験した日本ですが、今は会社も成長しなければ、給料も上がらず、おまけに年金もあまり期待できないというかなり苦しい状況です。

日本人は将来に向けて資産形成をしなければなりませんが、①お金の勉強をする環境がないこと ②投資へのハードルが高いこと を背景になかなか投資が進まない環境にあると思っています。

そこで、このサイトでは金融リテラシーの向上&自分の身を守る資産形成をテーマにして、少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

CTR IMG