【米国株の企業分析】iシェアーズで有名な世界最大の資産運用会社!ブラックロック(BLK)の銘柄分析と株価予想【BlackRock, Inc.】

今回は『iシェアーズ』シリーズ(ETF)で有名な世界最大の資産運用会社であるBlackRock, Inc.(ブラックロック)【BLK】の分析をしていきます。

ブラックロック(BLK)とブラックストーン・グループ(BX)は間違えやすいですよね。

BlackRock, Inc.(BLK)の分析まとめ

  • 1988年創業30年余りで世界最大の独立系資産運用会社に
  • 運用額は7.43兆ドル(2019年12月時点)で世界GDP(84.9兆ドル)の9%弱にもなる
  • ETF運用はBLK・バンガード・ステートストリートの3強で敵なし
  • 業績も配当も魅力的でリターンが見込めそうな銘柄
  • 機関投資家の運用資金次第で業績が決まるため、景気に敏感
  • ETFの手数料が減少傾向にあることが不安材料

それでは詳しく分析していきます。

 

ブラックロック(BLK)の概要

ブラックロック(BLK)は1988年に創業された資産運用会社大手で、30カ国に拠点を持ち、全世界で機関投資家と個人投資家に対して投資助言やETF運用などのサービスを展開しています。

運用額は世界GDPの8.8%にも匹敵する7.43兆ドルを誇っており、その運用額の大きさからETFを通じて様々な企業の主要株主になっています。

米国会社四季報などを見ているとバンガードやブラックロック、ステートストリートが主要株主になっている企業の多さに驚かされます。

米国会社四季報2020春夏号 (週刊東洋経済臨時増刊)

 

ブラックロック(BLK)の事業セグメントは以下の1つだけです。

  • Asset Management Business

資産運用に関わるビジネス全般を提供しており、債券や不動産などの様々な資産を運用、ファンドの運営やアドバイザリーなどを行なっています。

2019年度12月期の売上は145.4億ドル、営業利益は55.5億ドルとなっています。

 

より詳細な分析をしていくため、まずはブラックロック(BLK)の過去の業績推移を見ていきましょう。

ブラックロック(BLK)の業績推移

ブラックロック(BLK)の過去10年間の業績は以下のようになっています。

blackrock ブラックロック 売上推移 業績推移

 

blackrock ブラックロック 売上推移 業績推移 グラフ

参考:BlackRock, Inc. Financials SEC Filingsより管理人作成

 

業績は基本的に右肩あがりに推移しています。

特にリーマン・ショック後のここ10年はパッシブ運用への資金流入が大きかったこともあり、利益も2倍以上に成長しています。

業界最大手ということもあり、安定した業績確保ができていると言えそうです。

 

次に、キャッシュフローの推移を見ていきます。

blackrock ブラックロック キャッシュフロー推移 キャッシュフロー CF

blackrock ブラックロック キャッシュフロー推移 キャッシュフロー CF グラフ

参考:BlackRock, Inc. Financials SEC Filingsより管理人作成

 

営業キャッシュフローは安定している一方で、投資キャッシュフローは比較的少額になっています。

投資が少ないにも関わらず、安定してキャッシュを稼げていることがわかり、業界におけるブランドの強さやビジネスの力強さがわかります。

財務キャッシュフローの多くは配当と自社株買になっており、配当も増加傾向にあるので、財務CFはそこまで気にする必要はなさそうです。

運用業界は機関投資家を対象とした業界であり、業界順位は大きく変動することはないと思われるので、今後もかなり安定したキャッシュフロー確保が見込めそうです。

 

最後に、地域別の売上高は下記のようになっています。

blackrock ブラックロック 地域別売上

blackrock ブラックロック 地域別売上 グラフ

参考:BlackRock, Inc. Financials SEC Filingsより管理人作成

 

想像通りではありますが、アメリカやヨーロッパの占める売上割合が非常に大きく、全体の95%を占めています。

米国や欧州の金融市場は非常に発展しており資金も集まりやすいと考えられますので、今後もこの地域傾向は変わらずに推移していくと思われます。

米国や欧州地域への金融規制などが入らない限り、地域別の売上等はそこまで気にする必要はなさそうです。

 

これまでの情報を元に株価・銘柄分析を行っていきます。

ブラックロック(BLK)の株価分析・株価予想

まずはブラックロック(BLK)の過去10年間の業績推移をもとに分析していきます。

blackrock ブラックロック 銘柄分析 業績分析 株価分析

平均EPS成長率も11.6%とかなりの成長率を達成しているのが印象的です。

ここ10年のパッシブ運用全盛の波に上手く乗って業績を拡大できたため、これだけの成長を達成できたと推測できます。

また、平均ROEは11.2%となっていますが、こちらは一般的な値と言えそうです。

PERは18.8倍と若干高めの水準になっていますが、高い成長率を考えるとそこまで割高な水準ではなさそうです。

 

 

ブラックロック(BLK)は世界最大の運用会社として、機関投資家・個人投資家に様々なサービスを提供してきました。

「iシェアーズ」を始め、ブラックロックが30年の間に世界中で築き上げたブランドや信用は比類がないものに思われます。

築き上げたブランドや信用ゆえに、現在の運用額は全世界のGDPの9%弱の7兆ドル超にも及んでおり、パッシブ運用全盛の波にド真中で乗った結果とは言え、凄まじい運用額を誇っています。

 

これらブラックロック(BLK)の強みである業界シェアやブランドはそう簡単に衰退するものではないと思われます。

 

仮に今後も過去10年間と同程度の成長をしていくとした場合、8年後の株価と投資リターンは以下のようになります。

blackrock ブラックロック 銘柄分析  株価予想 株価予測

現在の成長率を維持していった場合、【妥当】レベルで73.5%、【保守的】レベルで42.6%の投資リターンが望める予想となっており、ブラックロック(BLK)は投資対象としてある程度魅力的という結果になりました。

※2020年6月26日時点の株価 534.85ドル を元に、PER10倍にて算出

PERは10倍とかなり保守的な水準で予想株価を算出していますが、PER12倍では62〜97%、PER15倍では92〜131%となり、標準的な水準で推測するとかなり魅力的な銘柄になります。

 

一方、近年ETFなどの手数料率が低下していく流れが加速しています。

手数料がゼロになる等の劇的な変化は起こりにくいかとは思いますが、今後のブラックロック(BLK)の収益性が低下するのは必至と考えられます。

ブラックロック(BLK)への投資を考える際は、ある程度保守的な業績予想を覚悟した上で意思決定をしていくべきと言えるでしょう。

結論

ブラックロック(BLK)は魅力的な銘柄だが、投資は割安水準で

 

ブラックロック(BLK)は世界最大の資産運用会社として世界各地に拠点を持ち幅広くビジネスを展開してきています。

ブランドや市場シェアは非常に強く、今後も安定した利益創出やキャッシュ確保が見込めると考えられます。

EPS成長率も11.6%と高い成長率を誇っているのも魅力的です。

現在のブラックロック(BLK)に投資した場合、過去10年と同じように成長をしていくと、8年後に42.6%〜73.5%のリターンが見込めるという予想になりました。

一方で、金融市場の収縮やETFの手数料率の低下がリスクとして挙げられます。

現在はコロナ等を影響に世界経済が停滞期に入っており、機関投資家の資金の引き揚げはブラックロック(BLK)の業績に大きな影響を与えると考えられます。

加えて、運用手数料の引き下げの流れが世界中で起きており、こちらもブラックロック(BLK)にとっては懸念材料です。

ブラックロック(BLK)はビジネスや稼ぐ力は非常に魅力的ではあるものの、上記で挙げたリスクなどを踏まえ、割安な水準で投資を考えたい銘柄と言えそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブラックロック(BLK)は世界最大の資産運用会社として安定した業績推移を確保してきました。

30年間積み上げてきたブランドや近年10年間では11%を超える高い成長率などを保持しており、投資対象として魅力的な企業と考えられ、8年間の投資で73.5%の投資リターンが望めるという予想になりました。

一方で、金融市場の収縮や運用手数料の低下傾向などのイベントがリスクとして挙げられ、その場合はブラックロック(BLK)の収益基盤自体が多少なりとも揺らぐと考えられますので、特に市場収縮などにはかなり注意して投資決定をした方が良さそうです。

 

どのような企業に投資をする際にも、今回のような分析は必須です。

今回は簡単な業績分析から株価を予測してみましたが、管理人が財務分析などの定量分析をする際は下記のような方法で行なっています。

あわせて読みたい

企業は様々な方法で利益を作っており、業態は自動車製造からITシステムの導入支援まで様々です。 では、どちらの方が『優秀な企業』と言えるのでしょうか? 優劣を決めるためには分析が必要です。 今回は定量分析の一つである財務分析[…]

 

また、今回は定性分析は行っていませんが、定性分析をする際はこのような手法で行うことが多いです。

あわせて読みたい

投資をする前の企業分析は非常に大事です。 財務分析等の定量分析は有価証券報告書等で行うことも出来ますし、株式情報サイトにまとまっていたりします。   加えて、定性的な企業の強み等を分析することも定量分析と同じくら[…]

分析や投資判断の参考にして頂ければ嬉しいです!

 

あわせて読みたい

今回は世界有数の投資銀行サービスを提供するゴールドマン・サックスグループの分析をしていきます。 管理人もゴールドマンで働いてみたかったですが、凡人なので無理でした。 ゴールドマン・サックス(GS)の分析まとめ 15[…]

あわせて読みたい

今回は世界有数の信用格付けサービスを提供するS&P Global(スタンダード・アンド・プアーズ)の分析をしていきます。 マネーショート(映画)でスタンダード・アンド・プアーズの存在を知った人も多いのではないでしょうか。 […]

あわせて読みたい

キャッシュレスも進み、今やクレジットカードは日々の生活に欠かすことができない存在と言えます。 そんなクレジットカードの中でも、保持していると最も社会的ステータスが高いと見なされるのが『アメリカン・エキスプレスカード』、通称『アメックス[…]

 

 

twitterでも情報発信中
>少額からの資産形成で人生を豊かにする

少額からの資産形成で人生を豊かにする

初めまして、雪だるま投資マンです

かつて高度経済成長を経験した日本ですが、今は会社も成長しなければ、給料も上がらず、おまけに年金もあまり期待できないというかなり苦しい状況です。

日本人は将来に向けて資産形成をしなければなりませんが、①お金の勉強をする環境がないこと ②投資へのハードルが高いこと を背景になかなか投資が進まない環境にあると思っています。

そこで、このサイトでは金融リテラシーの向上&自分の身を守る資産形成をテーマにして、少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

CTR IMG