【米国株の企業分析】JPモルガン(JPM)の分析と株価予想【JP Morgan Chase & Co.】

従兄弟が外資投資銀行に勤めていますが、もう尊敬しかないです。

もう少し就活の時に外銀も見るべきだったかなと思います。

そこで(?)今回は投資銀行部門も有名な、世界屈指の総合金融機関であるJPモルガン・チェースについて分析していきます。

もう投資銀行っていう響きだけでカッコイイです。

 

JP Morgan Chase(JPモルガン)の概要

JP Morgan Chase(JPモルガン・チェース) は1799年創業のアメリカのグローバル総合金融機関です。

 

JPモルガン・チェースの傘下には、商業銀行のJPモルガン・チェース銀行や投資銀行のJPモルガン、証券業務を行うJPモルガン証券などがあり、資産運用から投資銀行まで多岐に渡るサービスを提供しています。

総資産や時価総額、ネームバリューを含め世界屈指の金融グループです。

参考:JP Morgan chase & Co 会社情報より

 

時価総額は4,425億ドル(48兆円)金融機関ではトップです。 ※2020年1月2日時点

ちなみに、2018JPモルガンの総資産は2.63兆ドル(289.3兆円)と日本の国家予算(100兆円)の3年弱分となっており、規模の大きさがわかりますね。

 

次にJPモルガンの業績推移を見ていきます。

 

JP Morgan Chase(JPモルガン)の業績推移

JP Morgan Chase(JPモルガン)の10年間の業績推移は下記のようになっています。

JP morgan JPモルガン 業績推移

参考:JP Morgan Chase Investor Relations SEC Filing より管理人作成

 

2008年の金融危機以降のデータにはなりますが、順調に右肩上がりに伸びています。

ROEは安定して10%前後をキープしており、盤石な安定性を誇っているように思われます。

 

次に事業別の情報を見ていきます。

JP Morgan JPモルガン 事業別 売上 利益 ROE

参考:JP Morgan Chase Investor Relations SEC Filing より管理人作成

 

略称が多く分かりづらいですが、事業の詳細は下記の通りです。

  • CCB(Consumer & Community Banking)

いわゆる市中銀行部門です。

個人預金の管理や不動産融資、クレジットカードサービスなどを行っている部門です。

 

  • CIB(Corporate & Investment Banking)

いわゆる投資銀行部門です。

企業戦略へのアドバイスから資金調達、マーケットメイキングなどを行う部門です。

 

  • CB(Commercial Banking)

商業銀行部門です。

融資や投資銀行、アセットマネジメントの機能まで全て併せ持っており、企業や不動産への融資もするし、投資銀行サービスもしているようです。

 

  • AWM(Asset & Wealth Management)

資産運用や富裕層顧客の資産管理をする部門です。

いわゆるアセットマネジメントですね。

 

  • Corporate

バックオフィスなどの管理部門です。

 

最後に参考までですが、サービス別の売上は以下のようになっています。

JP Morgan JPモルガン サービス別売上

参考:JP Morgan Chase Investor Relations SEC Filing より管理人作成

 

JP Morgan Chase(JPモルガン)の株価予想

これまでの業績推移を元にJP Morgan Chase(JPモルガン)の株価を予想していきます。

まずは、過去10年の実績推移を分析していきます。

JP morgan JPモルガン 株価分析 業績分析

 

リーマンショック時も計測数値に入っているにも関わらず、平均ROEが8.7%、株主資本成長率も7%前後を保っており安定して成長していると言えそうです。

 

また、JPモルガンは投資銀行から商業銀行までの事業バランスの良さ時価総額世界一の金融機関であること、その長い歴史から積み上げた信頼などを鑑みると、競争力は簡単には失われそうにありません。

したがって、現在までの成長率はある程度維持できそうと考えても良さそうです。

 

この前提を元に、8年後の株価予想をしてみると以下のようになります。

JP morgan JPモルガン 株価予想

 

現在の成長率を維持していくと【妥当】レベルで254.8%、【保守的】レベルで111.9%の投資リターンが望める予想となっており、

JP Morgan Chase & Co(JPモルガン)は現時点では投資対象として魅力的であるという結果になりました。

※12月30日時点の株価138.63ドルを元にPER 10倍にて算出

 

この予測株価におけるPBRは【妥当】レベルで0.9倍、【保守的】レベルでは0.7倍となっており、現在の約1.97倍というPBRと比較しても低めの水準になっており、適正な予測と言えます。

 

補正として、仮にPER12倍で再計算を行うと【妥当】レベルで315.8%、【保守的】レベルで146.3%の投資リターンとなり、PBRも【妥当】レベルで1.0倍、【保守的】レベルでは0.8倍と、十分に納得のいく1.0倍水準を維持できます。

 

PER12倍水準ではかなり魅力的であるのはもちろんですが、少し保守的なPER10倍でも十分魅力的な銘柄と言えそうです。

 

また、配当金はここ最近増配傾向(直近では減配ですがにあり、今後も株主還元は重点をおいてくれそうな雰囲気もありますので、

増配などが起こった場合は投資リターンはさらに向上するのでより魅力的になりますね。

 

結論

JP Morgan Chase は魅力的な銘柄

 

ROEの平均は10%前後で安定しており、投資リターンも保守的な予想でも111%超となっており、魅力的な銘柄と言えそうです。

また、JPモルガンの強みが早々に失われるとは考えづらく、今後も同等レベルの安定性や成長性は維持できそうです。

さらに、比較的妥当なPER12倍水準で予想した場合でも、投資リターンが保守的レベルで150%弱まで伸びることもあり、少しの上振れでも楽しみな企業です。

 

一方で、JPモルガンの業績への懸念点としては

  • 市場環境の変化
  • 金融危機

などが挙げられます。

 

近年はフィンテックやビットコインなどの出現により銀行の役割がどんどんと狭まっています。

JPモルガンにおいては、市中銀行部門(CCB)の売上は全体の5割弱を占めていますので、フィンテックやビットコインにより送金や預金が必要なくなる環境になれば、5割近くの売上にインパクトがありそうです。

 

また、サブプライムローン危機のような金融危機がまた起こった際には、大きな打撃を受けることになります。

幸いJPモルガンは資本が大きく財務安定性が高いので、破綻する可能性は他の金融機関よりも低そうに思われますが、それでも金融危機時には大きな影響はありそうです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

JPモルガンは世界屈指の金融機関として、安定した財務基盤と業績を持つ優良企業と言えそうですね。

財務基盤と一定以上の成長性を両立しているため長期投資には向いていそうな銘柄で、保守的な株価予想でもリターンは111%超と魅力的です。

一方で、市場環境の変化などのマクロ要因で業績が大きく左右されると考えられるので、市場の変化には常に目を向けておくのが必須と言えるでしょう。

 

どのような企業に投資をする際にも、今回のような分析は必須です。

今回は簡単な業績分析から株価を予測してみましたが、管理人が財務分析などの定量分析をする際は下記のような方法で行なっています。

>> 金融知識を学ぶ【企業分析】

>> 財務分析の方法 〜基礎編&実践編〜 

 

また、今回は定性分析は行なっていませんが、定性分析をする際はこのような手法で行うことが多いです。

>> 企業の定性分析 〜定性分析の手法:3つのフレームワークで分析してみる〜 

分析や投資判断の参考にして頂ければ嬉しいです!

 

関連記事

世界的な大企業で、みんな大好きGoogleを運営しているAlphabet Inc. について分析してみました。 「ググれカス」は流行語になってもよかったと思ってます。   Google(Alphabet Inc.)の[…]

関連記事

エヌディビア(NVIDIA)という会社をご存知でしょうか? あまり頻繁に社名を聞くことはないと思いますが、実はかなり業績が伸びているAI関連企業として有名です。 今回は、そんな高成長企業であるエヌディビア(NVIDIA)の株価分[…]

関連記事

世界最大の書店作りから始まり、現在ではAmazon PrimeやAmazon Web Servicesなど多彩な事業を展開するAmazon(AMZN)の企業分析と株価分析をしてみました。 管理人の休日の8割はAmazon Primeで[…]

たくさんの本 本棚
twitterでも情報発信中
>少額からの資産形成で人生を豊かにする

少額からの資産形成で人生を豊かにする

初めまして、雪だるま投資マンです

かつて高度経済成長を経験した日本ですが、今は会社も成長しなければ、給料も上がらず、おまけに年金もあまり期待できないというかなり苦しい状況です。

日本人は将来に向けて資産形成をしなければなりませんが、①お金の勉強をする環境がないこと ②投資へのハードルが高いこと を背景になかなか投資が進まない環境にあると思っています。

そこで、このサイトでは金融リテラシーの向上&自分の身を守る資産形成をテーマにして、少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

CTR IMG