資産寿命診断:あなたの資産で老後何年耐えられるでしょうか?

資産寿命診断シミュレータ

あなたの資産形成で老後何年耐えられるでしょうか?

ここでは平均的なサラリーマン家庭で考えた場合、老後何歳まで健康で文化的な生活を送ることが出来るかを計算できます。

毎月の積立額・運用リターン(年率のリターン・5%なら5と入力)・現在の年齢を入力してください。

*詳細はこちらの記事で解説しております



 

毎月の積立額(万円)
運用リターン(年率%)
現在の年齢(歳)
現在の貯蓄(万円)

入力してこちらをクリック診断スタート

あなたの資産寿命は…歳です。

60歳時の資産(万円)
退職金(万円)
年金(万円)
総資産額(万円)
資産寿命=生活可能年齢(歳)

*前提
・資産状況=年金+退職金+運用資産の総額
・資産寿命=年金+退職金+運用資産が底を着く際の年齢
・積立は定年退職(60歳)まで、その後も運用は同じリターンで継続。
・退職金や年金は一般的なサラリーマンの給付額(退職金:1500万円 年金:12.5万/月)
・健康で文化的な生活を送れる水準:30万円/月(2人暮らし)

*詳細はこちら

<あとがき>
日本人の平均寿命は85.81歳と言われています。なので余裕をもって人生を送るには資産寿命は90歳くらいまであるのが望ましいです。
今の状況でもし90歳に満たない場合、豊かな生活を送るためには月々の貯蓄額を増やす・もしくはもっと投資に回す(リターンを大きくする)必要があります。特に若い方程少し変えたときの変化が大きいので、これを機にみなさんの資産形成状況を見直す機会になれば幸いです。
 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です