見方を変えれば超優良な中期投資〜JCBの旅行資金積み立てサービス〜

JCBトラベル旅行積立とは

JCBトラベル旅行積立とは、旅行資金のための積み立てが出来るサービスです。

これは毎月数万円と決まった額の積み立てを行うもので、クレジットからの引き落としが可能。

もちろんこの積み立てはJCBの取り扱う旅行のためにするものですが、

満期を迎えた時には積み立て総額の3%/年(初回)がサービス額として旅行に使えるようになります。(2回目以降でも2%)



投資案件としての魅力

たった3%と思うかもしれませんが、これは投資という観点からするとものすごく効率が良いです。

投資信託や外貨預金とは違い、値下がりリスクはない

外貨預金や投資信託であれば、年率3%のリターンを得ることは出来るかもしれません。しかし、為替の変化や値下がり・手数料等で、+3%どころか投資額を下回って返ってくる可能性もあります。

定期預金よりも圧倒的に利率が高い。

定期預金では利息がついてもせいぜい年率0.3%(SBI銀行5年定期)です。それと比較してなんと10倍以上の金利がつくのです。

つまり、リスクの割にはリターンの大きい超優良案件だと言えます!

(ちなみに積み立て総額に対して年率3%なので、実質積み立て投資としては倍以上の利率だと言えます)



考えられるデメリットは?

値下がりリスクはありませんが、リスクとして考えられるものは主に2つあります。

×流動性リスクが高い

ただしあくまでJCBトラベルを通して旅行をする場合の積み立てです。実際には旅行の際に、積み立て額+利息分がJCBの旅行代金から引かれるというような形で使われます。なので、現金に換金出来るわけではなく、急にお金が必要になった場合・旅行の予定がなくなった場合などには注意が必要です。

×選択肢が狭くなる

また旅行によってはJCBトラベル経由で契約するよりも、他から手配した方が安い・中身が良い場合もあります。なので、実際に利用できる中身等には、予めチェックしておくべきだと思います。


以上いかがでしたでしょうか?
色々と制限やリスクもあるものの、旅行という目的がある方にとっては非常に強い運用ツールにもなりえます。是非利用してみてはいかがでしょうか。

twitterでも情報発信中
>少額からの資産形成で人生を豊かにする

少額からの資産形成で人生を豊かにする

初めまして、雪だるま投資マンです

かつて高度経済成長を経験した日本ですが、今は会社も成長しなければ、給料も上がらず、おまけに年金もあまり期待できないというかなり苦しい状況です。

日本人は将来に向けて資産形成をしなければなりませんが、①お金の勉強をする環境がないこと ②投資へのハードルが高いこと を背景になかなか投資が進まない環境にあると思っています。

そこで、このサイトでは金融リテラシーの向上&自分の身を守る資産形成をテーマにして、少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

CTR IMG