CATEGORY

企業価値評価

企業の定性分析 ~定性分析の手法:3つのフレームワークで分析してみる~

投資をする前の企業分析は非常に大事です。 財務分析等の定量的な分析は実際の有価証券報告書等で行うことも出来ますし、まとめサイトなどで切り口ごと(PERとか流動比率とか)にまとまっていることもあります。 一方で、定性的な企業の強み等を分析することも定量分析と同じくらい重要です! 定性分析をすることで、強い製品や強いブランドを持つ企業を見極めることができ、強い製品やブランド=継続的な繁栄を意味するから […]

企業分析に欠かせない! DCF法とは?

DCF法とは? まずDCFとは「Discount Cash Flow」の頭文字です。 上記を用いた価値算出方法を、DCF法と呼んでいて、直訳すると『割引キャッシュフロー』ですね。 なんのこっちゃ?って感じですよね w もう少し噛み砕いて言うと、企業の価値を算出する際に、将来のキャッシュフローの現在価値の合計が、その企業の価値と考える方法です。   具体的に、DCF法を用いるのに必要な要素 […]

ファイナンス例題集【DCF、株価、デュレーションなど】

財務分析 財務分析に関する例題と解答をまとめています。 実際に株式投資する会社を財務分析すると結構面白い視点が見えたりします。 財務分析のやり方やより細かい指標は下記をどうぞ。 >>財務分析の方法:基礎編&実践編   ■問題.各社のROAを求め、売上高利益率と総資産回転率に分解せよ 財務諸表 J社 K社 売上高 100億円 300億円 売上総利益 40億円 60億円 営業利益 20億円 […]

キャッシュフロー計算書はどうやって見るべき?

キャッシュフロー計算書で企業分析ができる? 財務三表は企業分析をする上で非常に大事です。損益計算書(PL)や貸借対照表(BS)は会計の勉強をした人には馴染み深い用語ですね。 では、キャッシュフロー計算書はどのように見るべきでしょうか? 実は、キャッシュフロー(CF)計算書を見れば、企業の大まかな方針がわかります。 なぜならキャッシュフローは『企業の血液』みたいなものであるので、キャッシュフローの仕 […]

財務分析の方法 〜基礎編&実践編〜

企業は様々な方法で利益を作っており、業態は自動車製造からITシステムの導入支援まで様々です。 では、どちらの方が『優秀な企業』と言えるのでしょうか? 優劣を決めるためには分析が必要で、定量面も定性面も網羅しなければなりません。 今回は定量分析の一つである財務分析をしていきたいと思います。 基礎は大丈夫という方は『財務分析実践編(下部)』へどうぞ!   財務分析の準備:財務三表とは? 財務 […]

財務分析の方法①:準備編

企業は様々な方法で利益を作っており、業態は自動車製造からITシステムの導入支援まで様々です。 では、どちらの方が『優秀な企業』と言えるのでしょうか? 優劣を決めるためには分析が必要で、定量面も定性面も網羅しなければなりません。 今回は定量分析の一つである財務分析をしていきたいと思います。 ※ 財務分析の準備は大丈夫!という方は 財務分析の方法②:実践編 へどうぞ。   財務分析の準備:財 […]

ファイナンス公式集

ファイナンス公式集 記事で扱っているファイナンス関連の公式をまとめてみました。備忘録にどうぞ! 財務分析系 企業価値評価系 ポートフォリオ系 必要な数学的公式  

そもそも、ファイナンスってなに?

ファイナンスってなに? 最近、お金関連の出来事が身近になってきた感じがします。 年金が増えた減ったのニュースがかなり取り上げられていますし、家計簿アプリも大人気です! フィンテック(fin-tech)というファイナンスの派生語もよく耳にするようになりました。 でも、これらの事象は水準が揃っていないどころか領域が広すぎてよくわかりませんよね。 では、ファイナンスとは一体何を指すのでしょうか? &nb […]

βとWACCってなに?どんな場合に使うの?【ファイナンス理論】

βとは? CAPM理論に基づいた時、βは株価変動を決定する因子となります。 ざっくり言うと、βと株価変動は線形関係にあります。 (※詳しくは株価とCAPM理論をご覧ください) 具体例で説明していきます。   前提)市場:β=1.0 株式X:β =1.2 株式Y:β =0.8   ①市場全体のリターンが5.0%の時、株式Xのリターン=6.0% で 株式Yのリターン=4.0% です […]

成長性と企業価値&株価推測

成長性の分析 どんな投資家でも、どの企業が大きくなって株価上昇を果たすかを見極めようとします。 安定的というのは財務分析や安定性分析である程度担保できます。 加えて、大きくなる企業を見極めるために、企業の成長性を分析しましょう。 もしかしたら、この企業は成長していそうだ!逆にあの企業は少し成長が鈍そうだ、、、という感覚があるかもしれません。 その感覚の根拠は「成長していそう」「成長していなさそう」 […]

>少額からの資産形成で人生を豊かにする

少額からの資産形成で人生を豊かにする

初めまして、雪だるま投資マンです

かつて高度経済成長を経験した日本ですが、今は会社も成長しなければ、給料も上がらず、おまけに年金もあまり期待できないというかなり苦しい状況です。

日本人は将来に向けて資産形成をしなければなりませんが、①お金の勉強をする環境がないこと ②投資へのハードルが高いこと を背景になかなか投資が進まない環境にあると思っています。

そこで、このサイトでは金融リテラシーの向上&自分の身を守る資産形成をテーマにして、少しでも役立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

CTR IMG