財務分析の方法①:準備編

企業の中身を把握する=財務分析

企業は様々な方法で利益を作っており、業態は自動車製造からITシステムの導入支援まで様々です。

では、どちらの方が『優秀な企業』と言えるのでしょうか?

優劣を決めるためには分析が必要で、定量面も定性面も網羅しなければなりませんが、今回は定量分析の一つである財務分析をしていきたいと思います。

※ 財務分析の準備は大丈夫!という方は 財務分析の方法②:実践編 へどうぞ。

 


財務分析の準備:財務三表とは?

財務分析とは企業から開示されている情報、特に『財務三表』に基づき分析を行う方法です。

まず財務三表とは ①損益計算書 ②貸借対照表 ③キャッシュフロー計算書 の3つを指します。

 

①損益計算書

企業の稼ぎ出す利益等が記載されている諸表です。

売上高や営業利益、当期純利益等が載っており、会計的にはフロー部にあたります。

感覚的には企業の1年間の成績表といった感じです。

 

②貸借対照表

企業のもつ資産や負債が記されています。

売掛金や固定資産が資産部分に、長期借入金等が負債部分に記載されています。

よく聞く『自己資本比率』も貸借対照表で計算できます。

企業の長期的な成績結果といった感じです。

 

③キャッシュフロー計算書

企業のお金自体の流れが記載されています。

キャッシュフロー計算書は以下の3つのカテゴリに分かれます。

A.営業活動によるCF

恒常的な営業活動による現金の流れが記載されています。

したがって、『営業活動によるCF』は売上の入金があれば増加しますし、買掛金を支払った場合には減少します。

もちろんプラスの方がいい指標です!

B.投資活動によるCF

投資活動(設備投資やM&A他)に伴う現金の流れが記載されています。

例えば機械の購入を行った場合には、現金支出がありますので『投資活動によるCF』は減少します。

マイナスの企業は資本を投下して積極的に成長しようとしている企業と言えるでしょう。

C.財務活動によるCF

財務的な経営判断に伴う現金の流れが記載されています。

例えば、借入れを行った際は、現金が増えますので『財務活動によるCF』が増加します。

プラスであれば借入れ等が増加しており、マイナスであれば減少しているという捉え方です。

成長しようと投資をしている企業は、大幅なプラスであることが多いです。

 


まとめ

財務分析に向けた準備として、財務3表の概要を記載してみましたが、ご理解頂けたでしょうか?

分析をする際には財務3表内の言葉(eg. 減価償却費や棚卸等)も非常に重要になります。

慣れるためには言葉の勉強も大事ですが、いろいろな会社の財務諸表を見てみるのが一番だと思います!

様々な業種がありますが、財務諸表には各業種の性格が反映されるので見ていて面白いです!

次回は財務分析方法の紹介を行い、企業を丸裸にする手法を記載していきます。

 

次回記事:財務分析の方法②:実践編へ

 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です