話題になったメンタル・アカウンティングって?

メンタル・アカウンティングとは

2017年ノーベル経済学賞はリチャード・H・セイラー氏が受賞しました。

行動経済学者であるリチャード・H・セイラー氏が提唱しているのが『メンタル・アカウンティング』で、人間の心理と経済学を結びつけた理論とされています。

どの様な理論かというと、、、

人間の心理の中に様々な会計処理があり、その心の会計の影響を受けながら意思決定を行った結果、経済合理的な判断にならない傾向がある
ということです。

ザックリな説明なので、もっと良く知りたい方は、メンタル・アカウンティングについて書籍を一読するのも良いと思います。

おすすめはこんな本たちです!


具体例で見るメンタル・アカウンティング

簡潔にまとめると『人間にはお金に色をつけて見る(=メンタル・アカウンティング)』傾向があり、その結果、合理的な判断が出来なくなるということです。

どういう事かを具体的な例で見ていきます。

①宝くじと貯金

宝くじで当選した当選金『100万円』と毎月の給料の貯金『100万円』があります。
もちろん、どちらの100万円も経済的には等しく100万円の価値があります。

ですが、人間の心理として『宝くじの100万円』は散財しやすく、『貯金の100万円』は大切に使おうます。

同じ100万円ですが、人間の心の会計で『宝くじの100万円』と『貯金の100万円』が区別されているので、100万円の使い方に差が出てきます。

 

②家の購入

節約志向で100円の無駄遣いもしないAさんが家(5,000万円)を購入する時を考えます。

家を購入する際、業者に様々なオプションの購入を勧められますよね。
例えば、お風呂のジェットバス化(30万円)等でしょうか。
このオプションは本当に必要かどうかわかりませんし、普段の節約ぶりから考えると非常に高い値段です。

普段は100円のにも敏感なAさんですが、少し考えただけでオプションを購入してしまいます。

この様に金額自体が5,000万円と大きくなってくると、普段の金銭感覚とズレが生じて30万円のオプションを購入するという普段しない意思決定をしてしまう傾向にあります

 

③免税店での買い物

節約志向のBさんが海外旅行に行ったとします。

旅行ついでの免税店で、魅力的なブランドバッグを見つけましたが、値段は5万円と高めです。
普段なら5万円のバッグを購入する事は考えられませんが、Bさんはバッグを購入してしまいます。

経済的には5万円の支出で、節約志向とは程遠いですが、Bさん的には満足です。

この様な意思決定がなされたのは、免税店での買い物は『旅行での出費』であり『バッグの購入』ではないと心理的な会計処理がされたからです。

 

この例の様に、人間の金銭に対する心理的バイアスによって、合理的に判断できない場合がある=メンタル・アカウンティング理論です。


まとめ

自身を振り返ると、メンタル・アカウンティングによって合理的な判断ができていない事って結構ありますよね。
メンタル・アカウンティングを理解して、自身のお金への心理バイアスを少しでも取り除くことができれば、貯金や投資判断にも活きそうです!

そういった意味で、THEOウェルスナビに代表される自動運用サービスはAIによる運用ですので、メンタル・アカウンティングの影響を受けないという点でも意味のあるものだと思います!



また、投資信託等への定額積立投資も、メンタル・アカウンティングの影響を受けにくい分散投資手法かもしれませんね。
(※分散投資他の記事はこちらから)

資産形成に興味のある方は、是非チェックしてみてください!

 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です