老後の資金が足りない!資産運用は必要か?

老後は年金で暮らせる?

最近は年金が減るとか、あまり若年層に良くないニュースが流れていますよね。
年金ってどのくらいもらえるかわかりませんが(下の方で紹介します!)、

本当に老後は年金で十分に暮らせるのでしょうか?

というかそもそも、老後の資金って一体いくら確保すればいいのでしょうか?

計算してみましょう!

 前提条件 

●家族:夫と妻の2人(子供は自立している)、2人とも60歳

●持ち家あり(ローンは残り300万円)

●就業状況:夫は60歳で定年を迎える

●資産:不動産(持ち家)と金融資産(貯金と保険含む)2,000万円

 

こんな感じの家庭を考えていきましょう。もある金融資産も2,000万円あるし、なかなか良い感じですよね!

でも実は、この資産では寿命を迎える前に家計が破綻してしまいます。

これでも足りないのかって感じですが  ↓ で解説していきます。

 


なぜ生活していけないのか?

老後の必要資金を考える上で必要な因子は

①寿命

②必要生活費

③年金、退職金、金融貯蓄(貯金や保険等)

ぐらいですかね。

順番に見ていきましょう!

①寿命

少しデータが古いかもしれませんが、日本人の平均寿命は

男性:83.14歳  女性:88.47歳 となっており、平均:85.81歳 です。

定年を60歳とした場合、残りの25年間を年金と金融資産で生きなければなりません!

 

②必要生活費

全国消費実態調査によると、60歳〜70歳の家庭の必要最低限の生活費28〜30万円/月という結果が出ています。

先ほどの平均寿命から考えると、必要最低限の生活を送るには、8,400万円が必要!ということになります。

 

③年金、退職金、金融貯蓄(貯金や保険等)

■年金:3,750万円

現在の所得代替率はおおむね60%ぐらいです。
所得代替率とは、現役時の年収のうち何%程度の年金をもらえるかという指標です。

今の20~30代が引退を迎える30年後はというと、所得代替率は50%前後まで下がると推測されています。

現在、年金は月額15万円程度なので、30年後は月額12.5万円程度と予測されます。

したがって、25年間で得られる総年金受給額は3,750万円となります。

■退職金:1,500万円

日本の退職金の平均額は大学卒、高校卒、現場or事務等で色々変わりますが、概ね1,100~1,900万円といった感じです。
ここでは全体平均の退職金として1,500万円を用いていきます。

■金融貯蓄:1,700万円

日本の平均的な金融貯蓄額は60歳時に約2,000万円/家計です。
また、60歳時に300万円程度の住宅ローンが残っていると言われていますので、実質貯蓄は1,700万円程度となります。

ちなみに、年収の10%を貯蓄すると、このくらいの貯蓄額となります。




老後生活への不足額は?

これまでの計算結果を反映すると老後の生活不足額は、

8,400万円−1,500万円(退職金)−1,700万円(貯蓄+保険)−3,750万円(年金)=1,450万円

となります。

平均的な貯蓄があっても、約4年分の生活費が足りません。
この二人夫婦の家計は破綻してしまいます。

いわゆる老後破綻です。

さらに言えば、長く生きれば生きるほどお金が足りなくなり、長生きリスクが出てきます

では、どのように老後破綻を回避すればいいでしょうか?

 


老後の生活のためにできること

老後破綻回避のためにできることは、

貯蓄額を増やす

投資等で資産を増やす

60歳以降も働く or 他の方法で所得を得る

ぐらいです。

この中でどの方法が魅力的でしょうか?

①貯蓄額を増やす

年収の10%と言わず18%を貯蓄していくと、貯蓄額が3,600万円程度(うちローン300万円)になりますので、純貯蓄額が3,300万円となります。

この資金であれば生活水準を多少落とすことで、寿命まで生活し続けられると言えます。

 

②投資等で資産を増やす

低いリスクで長期間投資を行っていれば、複利効果により多額の資産を築ける可能性があります。
こちらは運用率4%で30年間運用したグラフになります。

※青:95%水準上限 オレンジ:95%水準下限 緑:貯蓄のみ

確率95%水準:2,032万円〜6,825万円
確率70%水準:3,045万円〜4,463万円

平均値:3,964万円
中央値:3,621万円

貯蓄のみ:1,850万円

※前提:①初期費用50万円、月5万円を投資 ②モンテカルロシミュレーションモデル(2,000回) ③リターンが正規分布に従う

このリターンを低リスクで達成するには分散投資が不可欠ですが、分散投資は資金力もスキルも必要で、なかなか難しいです!

難しい分散投資ですが、素人でも簡単にできるサービスがありますので、貼っておきます。
いわゆるAI運用ってやつです!

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

 

あとは少額ですが、比較的リスクリターンが良いものとしてIPO投資があります。

IPO投資では証券口座をたくさん開設すれば、自ずと当選確率が上がっていきますので、個人的には超おすすめです!

IPO投資についてのまとめはこちらもあります。

SBI証券
■GMOクリック証券

■マネックス証券 


なお、今流行りのBitcoinレバレッジでのFX等は、投資とは言えない程リスクがスーパー高く、投資というより投機・ギャンブルって感じです。
無くなっても良い資金や少額でやることを強くオススメします!

 

③60歳以降も働く or 不労所得を得る

もし老後の蓄えが十分にない場合、その時点から資産を築くのは難しいです。

しかし、働いて所得を得ていれば老後の家計破綻の可能性が下がります。
コンビニかもしれませんし、前の職場に復帰する選択肢かもしれません。
自身で事業を行ったり不動産収入を得ることも、所得を得るための手段としてはありだと思います。

ただし、年齢的に就職できるかわかりませんので、やはりリスクヘッジのために資産を蓄えたいところです。

 


まとめ

老後の必要資産についてはいかがだったでしょうか?
年金があるから大丈夫!とおもっていた方には、かなり衝撃的な内容かもしれませんね。

でも、年金の受給額はかなり減少する方向性なのは間違いなさそうです。
これに加え、もしインフレしていったら、、、と思うと恐ろしいです。

自身の生活を守るためにも、若年期から自身で資産を築き上げていきたいですね!
この記事でオススメしている投資ツールをもう一度貼り付けておきますので、興味があったら覗いてみてください。

分散投資系

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

IPO投資用

SBI証券
■GMOクリック証券

■マネックス証券 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です